トレーニング指導現場で飛沫感染を防ぐ【100均グッズ】で自作フェイスシールドを作る方法 ウイルス感染予防対策

パーソナルトレーニングジム代表兼フィットネストレーナーの小林素明です。

この度の新型コロナウイルス感染拡大に伴い、我々フィットネス業界も激震が走っています。そんな中、パーソナルトレーニングの現場で指導を続けていくために、飛沫感染を防ぐ、フェイスシールドの着用が効果的であると考えております。

しかしながら、フェイスシールドは入手困難な状態です。そこで、100均グッズでもフェイスシールドを製作できることを知り、自作フェイスシールドづくりに挑戦しました。ご参考になれば幸いです。

100均グッズでフェイスシールドを作る方法

準備するもの

  1. A4 サイズのプラバン(透明)
  2. すきまテープ(幅広タイプ)
  3. べんりベルト
  4. ホッチキス
  5. ハサミ


A4サイズのプラバン(透明):白色もありますのでご注意くださいませ。私は一度失敗しました。


すきまテープ:「幅広タイプ」を利用しました。写真は袋のみで恐縮です。


べんりベルト

自作フェイスシールドの作り方

1 べんりベルトを半分にカット

2 マジックテープの向きを確認


プラバンに装着する際に、マジックテープが逆さまにならないことを確認します。

3 プラバンに「べんりベルト」を装着する場所を確認

4 ホッチキスでベルトを装着


とめたホッチキスの芯が刺さらないように、何かで叩いて真っ直ぐにすると安心です。

5 すきまテープをプラバンの横サイズに合わせてカットします

6 すきまテープを装着します

7 フェイスシールドの角を丸くカット

8 フェイスシールドの完成

指導現場ではこんな感じです

フェイスシールドを実際に使ってみるとある問題が・・・

レッスン指導では、マスク着用してフェイスシールドを装着するため、かなりシールドが曇ります。時々、シールド内に空気を入れたりして対処してたのですが、これでは意味がありません。

そこで、バイク愛好家では常識となっているようなのですが、市販の中性洗剤で曇り止めになります。メガネクリーナだと、いくらあっても足りませんよね。とっても助かってます。

コスパ高!フェイスシールドの曇り止めはコレ

どこでも売っている食器用洗剤

中性洗剤をフェイスシールドに一滴垂らし、ティシュで薄く延ばすと、くもり止めになります。

こちらの記事も合わせてご覧くださいね。
↓ ↓ ↓
パーソナルジムのためのウイルス感染予防対策とは? 2020年版