素人でもできる!YouTubeの登録者を150%アップさせた方法 やさしいWeb活用講座

大阪のパーソナルトレーナー小林素明です。僕は、4年ほど前からYouTubeのビジネス活用をして、

・経営するパーソナルジムへの集客
・テレビやラジオなど数々のメディア出演
・出版社から13本超のDVDリリース(まだ増えます)

と嬉しい変化が起こりました。撮影は手持ちのiPadで撮影してますので、投資ほぼゼロ。

今やYouTubeは1日に5000回超の再生回数があり、わがパーソナルジム「どこでもフィット」の営業活動の大黒柱です。

そして、YouTubeの登録者数は、8,456名(2017.2/22現在)となっています。特に登録者数を増やす施作をしていなかったのですが、とあることを始めてから、登録者数がうなぎ登り!となっています。

パーソナルジム開業1年目から20名の顧客獲得法はこちら

見出し

YouTube登録者数が150%アップ!過去1年間の推移/小林素明のYouTubeチャンネル

僕のYouTubeチャンネルの管理画面です。昨年くらいまでは、1ヶ月の登録者数が100名前後でした。しかし、今年に入って、グングン登録者数の伸び目立ってきました。150名越えまで来ていますね。150%アップです!

YouTube登録者数、この数ヶ月の増加率/小林素明のYouTubeチャンネル

次は、2017年1月から約2ヶ月間のYouTubeチャンネル登録者数の増加率を見てみました。75%近くまで増加しています。実は、今年に入ってからとある施作をしたのです。

それほど手間をかけずでも、YouTubeチャンネルの登録者数が増えた!

僕は現場で、運動の個別指導であるパーソナルトレーニングのレッスン指導をしています。そのため、パソコンに向かって仕事ができる時間が限られています。

そんな僕でも、手軽にYouTube登録者数を増やす方法があることに気がつきました。

登録者数が増えた!誰でもできるシンプルなYouTube攻略法

僕が行ったのは、今まで手付かずだった動画の見出しである「サムネイル」の作成です。YouTubeの画面横に出てくる、もしくは次の動画として出てくる見出しのことです。

YouTubeは動画のため、クリックをして動画を見てもらわないと中身のコンテンツが分かりませんね。本屋さんに並んでいる本と同じですね。魅力的なタイトルである必要があります。

もちろん、動画1つ1つのタイトル作りには重要です。それと同じくらい大切なのが、「サムネイル」の作成。

パーソナルジム開業1年目から20名の顧客獲得法はこちら

YouTubeの見出し「サムネイル」を変えるとどうなるのか?

自作サムネイルなしのとき

 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 

自作サムネイルありのとき

上の画像は、YouTubeに動画をアップすると自動で選択されるサムネイル画像です。このままでも活用はできます。今まではそうしていました。

下の画像が、サムネイルを作成した時の状態です。どうですか?見栄えが全然違うと思いませんか?

僕は、YouTubeにアップするたびにサムネイルを1つ1つの動画に貼り付けたのです。

でも難しいのではないですか?

いえいえ、そんなことはありません。素人の僕でもできる作業ですよ〜〜。慣れてしまえば、数分でできます。

手間がかかりませんか?

確かに若干の手間はかかります。しかし、動画の再生回数を1回でも上げるのは大変なことですし、ましてや登録者数を増やすとなれば、難易度はさらに倍増します。

サムネイルづくりは未来への投資!と考えてください。ビジネス活用されている方なら、動画自体が広告になりますし、売上げにも直結しますよ〜。

では、YouTubeのサムネイルづくりを紹介しますね。

パーソナルジム開業1年目から20名の顧客獲得法はこちら

素人の僕でもできる!YouTubeのサムネイル作りで登録者アップ!

僕はパソコンを使いこなしてる方ではありません。ほぼ素人です。そんな僕でも、やってみると意外にできるなぁ〜、ということがあるのです。その1つが、YouTubeのサムネイル作りです。

準備するものとして

・画像データ
・WindowsのPowerPoint

です。この2つさえ揃えば、超簡単にできますよ。

YouTubeのサムネイル作りの準備「画像データ」

画像データは、僕がプロの方にお願いして撮影した画像を使ったり、フリー画像を使ったりしています。僕がよく使っているのは

Pixabay https://pixabay.com

こちらのサイトから画像フリーのものを選択して、活用をさせてもらっています。(有料版がありますのでご注意くださいね)

PowerPointで画像を作る技!カンタンYouTubeサムネイル作り

僕のホームページでも活用していますが、PowerPointで画像を作る方法です。ロゴやチラシ作りのソフトの定番であるイラストレイター(Illustrator)を使いこなせないためにPowerPointを使ってます。

基本、文字が打てて、マウスが使えれば誰でもできるのです。

PowerPointでYouTubeのサムネイル画像(カスタム)を作る方法の手順

1)まず、PowerPointを立ち上げてくださいね。

立ち上げますと、ファイル選択が出てきますので、左上の「ホワイト」を選択します。

2)パワーポイントの新規画面の文字を削除します

3) 画像をページに貼り付けます。

4) テキストを選択して、文字(テキスト)を入力します

横書きを選択してください。

5) 文章を入力していきます。フォント(文字)のスタイル、サイズなど

画面にいっぱいに大きな文字にしてください。小さいと視聴者は読みづらいです。文字数は少ない方が無難です。

6)画像を文字を中央に合わせていきます

テキスト(文字)は、画像の上になるように、テキストを右クリック→ 順序 → 最前面に移動 をします。また画像は白い枠をはみ出るくらいに大きくして、中央に文字を合わせます。

7) 画像として保存します。JPG形式

画像として保存をします。上のメニューバーから、「ファイル」→「画像として保存」を選択するだけです。

8)YouTubeの管理画面で画像を取り込みます

YouTubeの管理画面の「動画の管理」→「動画」を選択します。動画の一覧が出てきますので、動画を1つ選択してください。

上の写真のような画面が出てきます。そこで右横に出ててくる「カムタム サムネイル」をクリックして、先ほど保存した画像を選択します。

パーソナルジム開業1年目から20名の顧客獲得法はこちら

サムネイル作りパート2 Macの場合

パソコンがMacの場合、いとも簡単にサムネイル作りができます。画像データに直接書き込むことができます。

1)まず、Macのパソコン上で画像をクリックします

2)パソコン上のメニューから「ツール」→「サイズ変更」を選択します

ここで画像サイズを決めます。僕は、横幅を640ピクセルにしています。

3)画像のすぐ上にあるバーから「T」をクリック

「T」をクリックするとすぐに文字が画像の中央に出てきます。

 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 

4)文字の色、大きさは画像上のメニュー「A」で変更します

文字(テキスト)が出てきましたら、文字を変更します。文字のフォントを自由に変更できます。

5)サムネイル画像が完成です

YouTubeは動画の画質も重要なキー

僕の動画の多くは、iPadで撮影したものを投稿しています。iPad以外にも、家庭用のビデオカメラで撮影して投稿することも始めました。動画の画質もたくさんの人に見てもらうには大切なことです。

小林素明のYouTubeチャンネルの紹介

小林素明のYouTubeチャンネルを是非、ご覧ください。現在、3000本以上のエクササイズ動画を配信中です。1つの動画が2〜3分ですので、是非クリックくださいね。よろしければ、チャンネル登録もお願いします! →https://www.youtube.com/user/dokodemofit

パーソナルジム開業1年目から20名の顧客獲得法はこちら

詳しくはこちらをクリック