山中伸弥教授に学ぶ!パーソナルトレーナー、パーソナルジム独立開業で成功するための秘訣

こんにちわ!大阪のパーソナルトレーナー 小林素明です。

 
好きな仕事で起業し成功するというのは、並大抵なことではありません。起業すると、本業である仕事、営業、経理、人事、帳票の作成、掃除メンテナンス・・・と仕事が多岐に渡ります。

一体、何から手をつけていいのやら?

 
パーソナルジム開業1年目から20名の顧客獲得法はこちら

 

山中伸弥教授がグラッドストーン研究所(米)で学んだ成功の秘訣

ノーベル賞受賞者の山中伸弥教授の著書「山中伸弥教授に、人生とiPS細胞について聞いてみた」の中で、グラッドストーン研究所に留学中に、当時の所長であるロバート・メーリー氏から聞かされた

 

研究者として成功する秘訣はVWだ。VWさえ実行すれば、君たちは必ず成功する。

 
と書かれています。VWのVはビジョンのVです。ビジョンとは長期的目標と言い換えることができ、VWのWはワークハード、日本語で「一生懸命働く」の意味。

 
また、研究者として、また人間として成功するにはビジョンとワークハードが必要で、どちらが欠けてもダメだというのです、と山中伸弥教授は書いています。山中伸弥教授は、このVWの教えが心に響いていて実践をされています。その後のノーベル賞受賞へと。

 

パーソナルトレーナー起業にも活かせる、VWの教え

パーソナルトレーナー後ろ姿、ポロシャツ、女性

僕はこのVWの教えは、パーソナルトレーナー起業にそのまま活かせると考えます。まず考えないといけないのは、Vのビジョンです。これは、人に話せるようになれるくらいになっておく必要があります

 
僕の場合、パーソナルトレーニングでのビジョンは

 
健康のために運動がしたい!しかし、どこに行けば、誰に聞けば良いのか?自分に合った運動ができるのか?という運動に不安を抱えている方を応援する!
 
ことです。

ただ、言っているだけではダメで、応援するために自分は何ができるのか?を一生懸命に考えることでしょう。

 

ビジョン達成のためにしていること パーソナルトレーナー小林素明の場合

僕は、自分のビジョン達成のためにしていることは、「気軽にどこでも運動ができる方法」のトレーニング指導、情報発信をしています。

 
ちなみに、どこでも運動ができる、ということから、僕のパーソナルトレーニングジムの店名【 どこでもフィット 】と名付けました。

では僕はどんなことをしているのか?

 
パーソナルジム開業1年目から20名の顧客獲得法はこちら

 

パーソナルジムでのトレーニング指導でしていること

★片足スクワット

パーソナルトレーニング指導では、トレーニングマシンを使わない方法で指導をしています。具体的には、自重トレーニングです。自重トレーニングであれば、自宅でも職場、歩きながらと場所を選ばずに運動ができます。

 
ただし、僕のパーソナルジムでは、Amazonや楽天で購入できるストレッチポール、ストレチングボード、バランスボール、5kgまでのダンベル、ストレッチマットなどの最小限のトレーニングアイテムは揃えています。

小林素明のパーソナルジムにあるトレーニングアイテム↓

大阪パーソナルジム「どこでもフィット」 トレーニング器具、備品の数々 2016年版

 

ビジョン達成のためのトレーニング情報発信とは?

パーソナルトレーニングジムのためのWEBビジネス活用法

トレーニングの情報発信では、自重トレーニング、ストレッチをメインとした内容で、運動が必要な理由、最適なトレーニングの方法を説明しています。

 
パーソナルトレーニングジムの会員さんには、ジムの掲示板、毎月発行のニュースレター、自宅メニューでの動画配信を行っています。お客さんとの強力なコミュニケーションツールとして欠かせないものとなっています。

 
また、WEBを通じて、YouTubeは3000本のエクササイズ動画を無料配信ブログやFacebookでエクササイズ記事を配信を行っています。これはどなたでも閲覧できますので、ときどき日本国内だけでなく、海外からもメッセージが届き、僕のモチベーションアップになっています。

 
パーソナルジム開業1年目から20名の顧客獲得法はこちら

 

好きな仕事で起業する!これはワークハードをワークハードと思わない

二人会話 8

僕が山中伸弥教授の書籍を読んで一番共感したのは、VWのWであるワークハードです。周りから、日曜日も仕事ですか? お盆も仕事ですか? と質問をされることがあります。

 
自分本人としては、もちろん休みたいときには休みますし、リフレッシュもしています。しかし、好きな仕事だから、世間の方が休んでいるときでも、自然に体が動いてしまうのです。じっとしていられないというか・・・。

 
ここからが重要なのですが、好きな仕事で起業しているのですから、少々の困難は乗り越えられるし、仕事を楽しみに変えられるはずなのです。

つまり、楽しいから耐えられる! 楽しいから前進できる! 楽しいから体が動く! のです。

 
「この人、仕事しかしていないんじゃないか?」と思われる人ほど、時間の使い方が上手いし、仕事のスピードはマッハ的、複数のことを同時進行とめちゃワークハードです。

 
だからといって、ワークハードを決して「しんどい」とは言わず、「楽しい」と言っています。好きだからです。

 

まとめ パーソナルトレーニグ起業を考える

僕の周りにも、パーソナルトレーナーとして成功している人、これから起業する方がいます。起業には、方程式がなく、人それぞれの方法があります。

 
ぜひ、山中伸弥教授のVWを参考にして、自分なりの起業を考えてみてはいかがでしょうか? あなたがお客さんのために何ができるのか?を。

 
パーソナルジム開業1年目から20名の顧客獲得法はこちら

 

詳しくはこちらをクリック